teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


植物も、、、

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 6月26日(月)13時56分11秒
  1枚目はスジグロシロチョウの卵です。
続いて、コアジサイがきれいでした。
タツナミソウもいい色でした。
 
 

こんなチョウの様子も

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 6月26日(月)13時52分47秒
  ズボンに何度もとまってくれたミスジチョウ。
山小屋の窓でバタバタしていることが多いそうですが、キャンプ場の管理小屋の窓に
ミドリヒョウモンがいました。
ハタザオで吸蜜しているのはスジグロシロチョウですが、産卵も確認できました。
 

追跡調査が終わりました、、、

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 6月26日(月)13時34分47秒
  コアジサイが丁度いい時期になりましたが、この春の赤城姫追跡調査が先週末で終了しました。
春先に低温が続き、植物も動物も例年より遅かったうえに、種類によって数も少なかったり、
逆に多かったりと、気候の不安定化が感じられるような年でした。
赤城姫も、残念ながら大変厳しい産卵状況で、少なかった昨年の産卵数をさらに下回って
しまいそうな状況です。(集計中)
関係者が協力して保護活動に務め、何とか来年の発生が期待できる状況は維持できたと思い
ますが、心配な状況が続いています。少し救われたのは、理由不明な原因による減少が、
昨年に比べて少なかったことです。
この日の参加者は7名。幼虫はほとんどが3齢になって、最初の葉を食べつくして分散が
始まっていました。できるだけ多くの幼虫が、さなぎになってくれるよう祈りながら網を
外しました。
赤城山はクサタチバナが多い山だそうですが、ここでも今年は特に多いように感じました。
そんなクサタチバナの花畑を眺めながらお昼を食べて、キャンプ場に戻って冷たい水で網を洗い
下山しました。
 

子どもたちが発見の卵も、、、

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 6月26日(月)11時59分1秒
編集済
  今年から本格的に観察を始めた津久田小の子どもたちですが、6月5日の4年生の産卵観察会で、
なんと赤城姫の卵を見つける快挙がありました!
6月24日が今シーズンの最終調査でしたが、子どもたちが見つけてくれた卵は、無事に幼虫に
なって成長していました。よかったです!!!
また、その時にたくさん見つけたアサギマダラの卵も幼虫になっていました。


 

津久田小観察会

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 6月12日(月)22時19分50秒
  6月5日に津久田小4年生の産卵・幼虫観察会がありました。
産卵・幼虫共に少なく、子どもたちが満足してくれるか心配でしたが、
とても良い観察会になりました。
まず、事前に目当てを付けていたウスバサイシンで順番に産卵状況を観察している間に、
なんと子どもたちが新しい産卵を見つけたのでした!私たちもビックリでしたが、
見つけた子供も、それを見た同級生も素晴らしい体験になったのではないでしょうか。
また、今年はイケマが多いので、前日にアサギマダラの卵を2か所で見つけておいたのですが、
子どもたちがそれ以上にたくさん見つけて、あちこちで「あった!」と歓声が上がりました。
最後は、少し登ってギンリョウソウを見ましたが、予想通りに「幽霊みたい!」という声が
上がってうれしかったです。天候も良く、風も無くてよかったです。
 

現地に詰めていました

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 6月12日(月)22時03分3秒
編集済
  Crossさん、いつも応援ありがとうございます。
前回同様、モロコシ山頂で寒さにかじかみながらお弁当を食べているときに
通知メールを受けました。
山の下では電波がとれず、山頂で取れるようになるのでタイムラグができるのですが、
山頂で受けるのは気持ちがいいですね。
さて、先週後半まで寒く風の強い日が多かったです。厳しい産卵状況のため、
そのまま現地に詰めていました。早朝や夕方のパトロールがしやすいのでよかった
のですが、ネット環境がないためアクセスできませんでした。
ここにきて、ようやく気温も上昇して、幼虫の分散も始まっていますので、
順調に生育してほしいです。
 

産卵調査ご苦労様でした。

 投稿者:Cross  投稿日:2017年 6月 4日(日)09時31分59秒
  >amb_akagiさん
 産卵調査ご苦労さまです。あれだけ広い場所を調査するのですから
たくさんの人に協力いただけるのはありがたいでしょうね。今年の状況
はどうだったのでしょうか。


 昨日は中之条から六合村へドライブに行きました。蝶が少しは見られる
かなと思いましたが、ウスバシロチョウくらいでした。山は結構さむかっ
たですし、小雨も降っていました。
 

不明な減少について

 投稿者:myzoukin  投稿日:2017年 5月30日(火)17時23分5秒
  機関誌を見ると、昨年は300卵以上が途中で不明になったと推測されていますね。
今年の厳しい状況は、そのことも一因ではないですか?
今年も同じことが繰り返されるのを、なんとか阻止できないでしょうか。
・環境保全のポスターを小学生が作ってくれている
・環境調査カメラを設置する
・曜日に関わらずパトロールを実施する
・入山者を多くして悪意ある行動をとりにくくする
・条例で罰則を設ける
などが、すでに県・市・保護団体などで行われています。
それに加えて、
・民家にドライブレコーダーを設置して、常時、入山状況を把握する。
・キャンピングカーなどで、夜間を除き現地に常駐する。
・駐在所のお巡りさんに巡回してもらう。
・ネットパトロールを行う。
などを個人的に考えてみました。
myzoukin的には、すぐに実施できるものもありますので・・・



 

全員産卵調査日の報告

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 5月30日(火)16時50分24秒
編集済
  連日、集中的な産卵調査を行って全域の状況がほぼ把握できました。
産卵数はたいへん心配な状況のままですが、すでにヒメギフチョウは飛んでいません。
連休のあたりで飛び始めてくれたのは良かったのですが、乾燥した天気がずっと続いたり、
連休後は雨模様がずっと続いたりしたのが良くなかったのか・・・

キャンプ場ではサカハチチョウが、山頂ではアサギマダラ(写真はとれませんでした)が
飛んでいました。
エゾハルゼミの合唱が始まり、植物も遅れを取り戻しているようです。
(サカハチチョウ、ギンリョウソウ、ヤマアジサイ)

 

投稿ありがとうございます

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2017年 5月30日(火)16時18分58秒
  Crossさん、投稿ありがとうございます。
丁度、モロコシ山の山頂でお弁当を食べているときに、投稿の通知メールが届きました。
埼玉はあまり良いお天気ではなかったのですね。こちらも朝方は雨模様のような天候
でしたが、徐々に回復して昼頃には時々日も差すようになりました。

この日は県内の2つの高校から生徒さんと先生が参加してくれての産卵調査となりました。
前週の様子から、せっかく参加してくれても、卵を一つも発見できないのではないかと
非常に心配しながら登りましたが、思っていたよりは発見できて生徒さんのためには
ほっとしました。
2つの高校の生徒さん、ありがとうございました!!


 

レンタル掲示板
/153