teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: ヒヨドリバナに

 投稿者:Cross  投稿日:2020年 8月11日(火)20時42分19秒
返信・引用
  amb_akagiさんへのお返事です。

 ヒヨドリバナというのは聞いたことがないです。そのうち見る機会があるかもしれま
せん。
 我が家の庭にはブッドレアが植えてあります。アゲハやキアゲハ、ツマグロヒョウモン
などがやってきて楽しませてくれます。ただ、まだなかなか蝶の写真が撮れていません。





> Crossさん、投稿ありがとうございます。
> ヒヨドリバナには、モンシロチョウ、キアゲハ、ミドリヒョウモンなどは
> たくさんやってくるのですが、アオスジアゲハは先日初めて見ました。
> 普段は勢い良く飛び回っていることが多いと思いますが、
> しばらく吸蜜していたので、ゆっくり撮影できました。
> ところで、今日も普段はあまりやってこないチョウが止まっていました。
> 普通に見られるチョウですが、ベニシジミはこの時期に新しい成虫が
> 出てくるのでしょうか。
> アゲハはたくさん飛び回っているのですが、やはり初めてヒヨドリバナに止まったのを
> 見ました。
>
 
 

Re: 今日は・・・

 投稿者:Cross  投稿日:2020年 8月11日(火)20時34分28秒
返信・引用
  > No.2265[元記事へ]

tMatsumuraさんへのお返事です。


 なるほど、ありがとうございます。生き物の体の構造は不思議ですね。
 こちらではクスノキは神社や公園、遊歩道などに植えてあることが多いです。
それが増えた原因かもしれませんね。



> Crossさんへのお返事です。
>
> >  アオスジアゲハはキレイですね。なんであんなに青いのかと思います。飛び方が速いですよね。
>
> チョウの翅の色は一般には翅の上にうろこ状に並んだ鱗粉の色です。
> でも、アオスジアゲハの青い部分は翅表に鱗粉がありません。
> 翅裏には鱗粉があるのですが、ほぼ透明です。
> アオスジアゲハの青色は翅の地色です。なので鱗粉を落としてしまっても青い分はそのままです。
>
> ちなみにアオスジアゲハは以前はそんなに多いチョウではありませんでした。
> それが街路樹にクスノキを植えるようになり、それを餌にできるアオスジアゲハが増えてきました。
> クスノキはもともとは日本には無く南方の国から進出し、特に関東地方では最近増えた木です。
 

ハチ?!

 投稿者:tMatsumura  投稿日:2020年 8月11日(火)10時48分23秒
返信・引用
  昨日は山の日。
玉原(群馬県)で自然観察会がありました。
そこで交尾中の虫を発見!!遠くから見たらハチのよう。
近くによってみるとハチではなくガでした。ビックリ!!
なんと良くハチをまねしているものか。
身体の色だけで無く、頭もそっくりなので驚きました。
キタスカシバです。
 

Re: ピンクのバッタ?

 投稿者:tMatsumura  投稿日:2020年 8月 7日(金)15時56分22秒
返信・引用 編集済
  > No.2267[元記事へ]

amb_akagiさんへのお返事です。

> なんと、ピンクのバッタ(?)もやってきました。
> これって、よく見られるのですか?

ピンクのバッタは色々の種類で時たま見ることができます。
何か色素の異常のようです。このバッタはショウリョウバッタです。
よく見るピンクバッタは殆どが若虫です。
親になったときにどんな色になるか飼ってみませんか。

> それと、ひょうきんなポーズをとっているモンシロチョウは、
> オスですか、メスですか?

このチョウはモンシロチョウでは無くスジグロシロチョウです。翅の模様が濃いのでメスです。
このポーズはメスの交尾拒否姿勢です。近くに言い寄ってくるオスがいませんでしたか?
ちなみにモンシロチョウは栽培された、またスジグロシロチョウは野生のアブラナ科植物を食べます。
それはスジグロシロチョウが日本に昔からいたチョウ、モンシロチョウは栽培植物と一緒に外国から入ってきたチョウだからです。
ところでスジグロシロチョウに似たヤマトスジグロシロチョウがいます。少し山の方に行くと見つかるかもしれません。
探してみてください。

https://yoda1.exblog.jp/11499787/

 

ピンクのバッタ?

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2020年 8月 7日(金)15時11分11秒
返信・引用 編集済
  なんと、ピンクのバッタ(?)もやってきました。
これって、よく見られるのですか?

それと、ひょうきんなポーズをとっているモンシロチョウは、
オスですか、メスですか?
 

ヒヨドリバナに

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2020年 8月 7日(金)15時05分6秒
返信・引用
  Crossさん、投稿ありがとうございます。
ヒヨドリバナには、モンシロチョウ、キアゲハ、ミドリヒョウモンなどは
たくさんやってくるのですが、アオスジアゲハは先日初めて見ました。
普段は勢い良く飛び回っていることが多いと思いますが、
しばらく吸蜜していたので、ゆっくり撮影できました。
ところで、今日も普段はあまりやってこないチョウが止まっていました。
普通に見られるチョウですが、ベニシジミはこの時期に新しい成虫が
出てくるのでしょうか。
アゲハはたくさん飛び回っているのですが、やはり初めてヒヨドリバナに止まったのを
見ました。
 

Re: 今日は・・・

 投稿者:tMatsumura  投稿日:2020年 8月 7日(金)11時19分35秒
返信・引用
  > No.2264[元記事へ]

Crossさんへのお返事です。

>  アオスジアゲハはキレイですね。なんであんなに青いのかと思います。飛び方が速いですよね。

チョウの翅の色は一般には翅の上にうろこ状に並んだ鱗粉の色です。
でも、アオスジアゲハの青い部分は翅表に鱗粉がありません。
翅裏には鱗粉があるのですが、ほぼ透明です。
アオスジアゲハの青色は翅の地色です。なので鱗粉を落としてしまっても青い分はそのままです。

ちなみにアオスジアゲハは以前はそんなに多いチョウではありませんでした。
それが街路樹にクスノキを植えるようになり、それを餌にできるアオスジアゲハが増えてきました。
クスノキはもともとは日本には無く南方の国から進出し、特に関東地方では最近増えた木です。

http://www.k-ft.net/~kft1217a/graphium%20sarpedon-1.pdf

 

Re: 今日は・・・

 投稿者:Cross  投稿日:2020年 8月 7日(金)10時21分40秒
返信・引用
  amb_akagiさんへのお返事です。

> ヒヨドリバナに、きれいなアオスジアゲハがやってきました。
>

 アオスジアゲハはキレイですね。なんであんなに青いのか
と思います。飛び方が速いですよね。

 こちらはアカボシゴマダラがとても増えました。
 スマホで撮ったのでよく撮れてませんけど。



 

カナムグラ

 投稿者:amb_akagi  投稿日:2020年 8月 6日(木)09時35分40秒
返信・引用
  ああ、この植物をカナムグラというのですか。
たくさん繁茂していて、厄介な雑草ですよね。
でも、チョウにとっては大事な食草なんですね。
オオチャバネセセリ、了解です。
結構、めずらしいようですね。
 

Re: 梅雨が上がって 1

 投稿者:tMatsumura  投稿日:2020年 8月 5日(水)22時00分22秒
返信・引用
  > No.2258[元記事へ]

amb_akagiさんへのお返事です。

> キタテハですか?

キタテハ(夏型)です。
秋になると翅が更にギザギザになり、色が濃くなる秋型が出てきます。
カナムグラが近くにありますか?

赤城山では似ていますが山にだけ生息するシータテハもいます。
探してみて下さい。

https://www.g-hopper.ne.jp/free/fukuda/zukan-b/zb_kitateha.htm

 

レンタル掲示板
/206