teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


百手祭り

 投稿者:ちにた  投稿日:2013年 2月 7日(木)07時16分12秒
返信・引用 編集済
  明日は鹿路神社の百手祭り。で、鹿路地名の由来をUPしました。
http://www.page.sannet.ne.jp/santarou/rokuro/rokuro.html
祭りの様子は、のちほど。写真は一昨年の様子です。
 
 

44豊作(笑)

 投稿者:ちにた  投稿日:2013年 2月 5日(火)13時46分1秒
返信・引用
  困ったもんだ…。しかし美味。今回の奴は50kgクラスで、脂も欲乗っている。皮はいで解体。とりあえずスペアリブ焼く、焼酎いただく。友人にもお裾分け。  

雪の朝

 投稿者:ちにた  投稿日:2013年 1月18日(金)10時00分10秒
返信・引用
  夜明け、うっすらと明るくなると,一面の雪景色。真っ白な雪が朝焼けに染まっている。  

44

 投稿者:ちにた  投稿日:2013年 1月17日(木)14時40分29秒
返信・引用
  今年は早々と田んぼの準備にとりかかった…が…問題はやっぱしイノシシ。今のところ,対策皆無…うぅぅぅん。これは、家の畑でとれた奴です。美味。  

さぶっ

 投稿者:ちにた  投稿日:2013年 1月16日(水)09時40分19秒
返信・引用
  冷やっこい朝、ぴーんとした朝。霜柱が4cmほど盛り上がっている。氷点下の縁側で愛犬はすやすやの真っ最中。おいっ、頑張って長生きし酔うなっ。  

椚の伐採-2

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年11月11日(日)09時58分22秒
返信・引用
  で、週末、こっちも伐採。ここは私有林で、市有林ではないので入札なしっ、勉強会なしっ。
まずは邪魔になる雑木や孟宗竹の撤去、次に倒す方向を決めて、一本ずつロープをかけて伐採。
隣との隣接椚を残して、次の作業はまた週末。ウインチ準備しなきゃっ。
 

椚の季節-1

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年11月11日(日)09時52分25秒
返信・引用
  先週から近くの山で椚の伐採が始まった。特産品の椎茸栽培のためだ。事前の毎木調査とそれによる入札とで(入札前の勉強会もあったりして笑)作業開始。今回はちかっと見学。  

仁比山

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年11月 9日(金)06時44分33秒
返信・引用
  仁比山へ椚を見に行く。昔、山内を守る最初の砦である仁比山城があった山で、仁比山神社や九年庵がある場所だ。まずは酒の守り神、松尾様にお参り。紅葉はまだ始まったばかり。仁比山城跡からは日ノ隈ノロシ場が見える。  

秋のラスト収穫

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年11月 3日(土)12時06分44秒
返信・引用
  山の木々も紅葉を始めた。我が家のロケットストーブも稼働を始めた。そんな中、秋のラスト収穫はむべ。アケビは「開く実」からついた名前だが、むべは熟しても決して開かない。口を割らないから「むべもない」のだ。
初冬の収穫物はキノコへと移っていく。
 

秋の収穫(アナグマ編・笑)

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月24日(水)06時20分10秒
返信・引用
   ドングリ喰って、ぼちっと脂がのりはじめた予感(笑)  

秋の収穫(むかご編)

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月18日(木)06時21分22秒
返信・引用
   山芋の収奪の下見のついでに、むかごの収穫を。まずは100円アンブレラを片手に、優美に散策。山のいたるところに黄色に色付いている山芋の葉。傘をさす、持ち手をツルに引っ掛ける。がさがさ、ぽてぽて…以上。  

秋の収穫(銀杏編)

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月16日(火)18時54分45秒
返信・引用
   我が家の裏山の銀杏は、ちかっと日陰のせいか、香りがいまいち。で、脊振小学校の校庭に銀杏拾いに。行ったら、これでもかってくらいの銀杏が山盛り。誰も拾おうとしないのだ。校長先生曰く「お願いですから拾って(かたずけて笑)ください」って。銀杏って毒性なんだそうだ。ちなみに学校の図書館の「食べられる山菜図鑑」をめくってみると、確かに「素手で触るとかぶれる」なんて文字が。うぅぅぅぅぅん、山の学校教育で、これで酔いんだろうか。
 とりあえず大きなビニール袋一杯を拾う。早速に家に帰り,素手で、種を取り出す。ロケットストーブに点火。焼酎のお湯割り酔うの湯を沸かす。2リットルの湧き水が、ハイカロリー方式なら5分で沸騰。で、お湯割りをいただきながら、残った熾き火でむいたばっかの銀杏をあぶる。
 今から相方と宴会。少し酔ったかなぁ、ではでは。
 

観音石祠(かんのんせきし)

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月13日(土)11時09分25秒
返信・引用
   鹿路の今古賀より北の山道を登ると、観音石祠(かんのんせきし)が鎮座している。いわゆる八手観音だ。水を司る弁財天(八手観音)に五穀豊穣を祈願する祭りが、今でも五月に執り行われている。
 道をあがって数分、静かな自然が広がる。我が家の土地にも七郎さんが祀られているが、里山独自の信仰が今でも続いている。
 稲刈りも一段落。イノシシが太り始める季節だ。
 

秋の収穫

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月10日(水)18時19分19秒
返信・引用
   我が家の畑からも次々に収穫。暖かく見守っていたミョウガ、生ゴミ置き場から生えてきたカボチャ、庭で勝手に増え続ける三つ葉…あれぇぇ、これって畑かぁ(笑)。
 で、山の畑から収穫したアケビをロケットストーブで丸焼きに。甘くてまっとりしてて、とっても美味なり。焼き網の下は、使い古したチップソー。二枚重ねてボルトでとめて、穴の調整で火力調整します。
 

秋の収穫

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月 2日(火)17時43分28秒
返信・引用
   今、山ではアケビがぼちぼち色付き始めました。日当りの酔い場所ではすっかりと口を開けています。ちかっと収穫して、アケビ酵母酔うと生食酔う、調理酔うに分けます。
 ところでこの椎茸、後山のじいさんのですが、4.5日見回りをさぼると、こうなりました、はいっ。山もキノコの季節です、で、今から一杯やりながらナメタケを見てきますです。
 

秋晴れ

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年10月 1日(月)18時27分43秒
返信・引用
  心配していた台風も無事に通り過ぎて、今日はきっぱりと秋晴れ。最初の場所は我が家の裏山、次はその向こうの三継山の、根性の一本樫、最後は左に山を下りて隣の峰から見た脊振山頂の方向。  

縄文檜

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年 9月30日(日)13時22分21秒
返信・引用
  縄文杉は有名だが、ここでは脊振の縄文檜(ひのき)のご紹介。説明なしっ。最初の火焔土器の写真は津南まるごと博物館より借りました。最後の株は家の山の株建ち。これも見事でしょっ。
http://www.asahi-net.or.jp/~eg7k-kbys/index.html
 

どうやらウチの庭にも出没しているらしい。

 投稿者:setosan  投稿日:2012年 9月26日(水)06時53分39秒
返信・引用
  一ヶ月あたり前から庭に奇妙な「穴」がぼこっと、あちらこちらに。官人橋あたりでは車に巻き込まれていたみたいだし。あなぐまって旨いそうですね。  

アナグマ

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年 9月24日(月)18時37分9秒
返信・引用
  最近、我が家にはお客が多い。その中の一人、アナグマくん。どうやら柿を狙っている酔うだ。山の道にはマイホーム。  

秋風

 投稿者:ちにた  投稿日:2012年 9月20日(木)18時04分32秒
返信・引用
   すっかりと、風は秋色に変わった。道を歩けば,あちらこちらにマタタビが落ちている。すでにたくさん収穫したんだが、見過ごす訳にはできない。で、またせっせとマタタビ拾い。黄色に熟した実はそのままいただく。うーん美味。虫こぶの実はさっと湯がいて乾燥保存、あるいは煮付け、あるいは焼酎漬け。秋はなにかと忙しい。  

レンタル掲示板
/17