teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


季節

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年11月14日(月)10時03分4秒
返信・引用
   朝一番にロケットストーブを点火、朝のお湯を湧かす。蓬を吸っていると、白い煙りと吐く息の区別がつかない季節の到来。林道では檜の伐採が始まった。
 南天も一日ごとに赤く染まっていく。
 
 

誕生日

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年11月 7日(月)14時08分9秒
返信・引用
  釣り上げた魚に、年に一度、餌をやる日…家の相方の誕生日。
プレゼントはすでに手作りしていた貝殻(過去1026愛犬の活躍)を仕上げる予定。が、ケーキも必要だとのたまう。そこで、柚子のヨーグルトチーズケーキを作る、せっせと…。
仕上げに柚子の皮の砂糖菓子を散らして完成なり。また一年、よろしくお願いしまっせぇぇぇ。
 

蓬(よもぎ)

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年10月31日(月)11時59分1秒
返信・引用
  田植えが済んだ頃、ニコチンから蓬に切り替えた。どうせ煙りを吸うんだったら、タバコより蓬にしなさいっとの相方の指令だった。
今も蓬をぷかぷか。別に健康のためにどうてろかんてろ、とは興味が無いが、蓬をぷ゜かぷかで周りの自然と一体感を味わえるのは気のせいか…。越道坂を下った先の地名が蓬原(ふつはら)。蓬は、立派な先住民族でもある。
 

柚子の季節

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年10月28日(金)14時42分7秒
返信・引用
  今年もまた、柚子の季節が巡ってきた酔うだ。
さっそく絞って焼酎へ。柚子胡椒も仕込もう。果汁たっぷりのやつを。
柚子胡椒の作り方は…
http://www.page.sannet.ne.jp/santarou/yuzu.html
 

愛犬の活躍

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年10月26日(水)12時22分50秒
返信・引用
   さざえの貝殻をやってたら、ガリガリガリっと、芯だけにしてしまった。じっと見ていると、何だかスパイラル曲線。そこでちかっと磨きをかけた。
 谷川の河原に出かけて、数珠玉を少しだけ収穫。ハンドドリルでまん中の穴を広げる。
 合体させれば、何だか力が沸きそうなペンダントになった。首から掛けると、まるで大地の力を頭に吸収してくれる酔うだ。…もうすぐ相方の誕生日。プレゼントは決まった(笑)
 

ありゃりゃ

 投稿者:setosan  投稿日:2011年10月26日(水)05時55分52秒
返信・引用
   webにお帰りなさい♪。  

わらしべ長者

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年10月24日(月)11時48分34秒
返信・引用
  銀杏を拾って茶わん蒸しをつくった。二つ蒸すのも三つ蒸すのも同じなんで、ひとつお裾分け、で、栗おこわになって帰ってきた。
今年も村では無事、稲刈り終了だ。わが家では、すぐ下の田んぼの玄米を、また30kgわけてもらう予定。来年こそ、自分で育てて収穫したいもんだ…と…毎年思うこの頃でした。…とさっ、どんと晴れ。
 

茸の季節

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年10月22日(土)12時21分38秒
返信・引用
  今年も変わらず、茸の季節が始まった酔うだ。福島の茸を思うと、素直に収穫も喜べない。今朝、村の民さんがわが家に寄ったんでコーヒーをふるまう。雲を見ながらぼそっと…「玄海がぽしゃげたら、山も終わりやなぁ」。何気ない秋の会話も変化した。  

変わらぬ日々

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年10月13日(木)16時51分24秒
返信・引用
  季節はもう秋。いつもと変わらぬ山の季節だが、日常に変化が必要だと痛感する。
縄文の酔うに窯に木々を放り込み、何時間も炎と格闘。そうだ、自分の山も、そろそろ開墾を始めよう。来年のために、田んぼも手入れしてみよう…。
何かを始める、秋にしたい。
 

早春の現場…

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年 3月 7日(月)17時32分23秒
返信・引用
  …は、忙しい。現場を見るのもつかの間、菜の花を摘んだりフキノトウを捜したり。家に帰って相方に菜の花を渡すと、「何しに現場に入ったとっ?」ちゅう顔をされる。
しかしめげずに今夜は菜の花鍋であぁる。
最後のなごり雪に合わせて、薫製もせっせせっせ。あぁぁぁ忙しい(笑)
 

ほんとだ・・・

 投稿者:setosanメール  投稿日:2011年 2月14日(月)06時26分16秒
返信・引用
   あった♪。  

村外追放

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年 2月 3日(木)12時05分0秒
返信・引用
  雪のせいか、イタチのキナ子が頻繁に訪れる、困ったもんだ。仕方がないんで、一度とっ捕まえてやってから「もう二度と来るなよっ」と言い聞かせて放免。ところがこれがいかんかった、次の日から、腹いせ復讐とばかりにキッチンで暴れまくり。よわった末に、もう一度捕獲作戦、で、今度は1kmほど下った村境の渓流まで「引き回し」の上、村外追放を言い渡す。ふっふっふっ。
途中の林道で猪の足跡があっちこっちに…。こいつは100kgクラスばいっ。
 

最後の雪か…なぁ…(笑)

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年 1月31日(月)17時21分6秒
返信・引用
  朝から雪。家の前の坂だけ除雪。取りあえず、明日から二月で、暖かな予報。三月の忘れ雪まで、しばらく降らんらしかぁ。
また、餅米玄米で餅でもつこうっと。
 

ネットの力で救いたい

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年 1月14日(金)15時18分26秒
返信・引用
  ~三十郎さんBlogから転載
*************************************************************
恋空
ネットの力で救いたい
皆さんのお力を貸して下さい
皆様の助けにすがり娘の命を救ってい頂きたく、難病認定の署名を呼びかけています。
リュウマチを患った車椅子の私を、20年間手となり足となって助けてくれた、
愛しく、掛け替えない娘の命を、
いま「再発性多発性軟骨炎」と云う恐ろしい病が奪おうとしています。
この病は100万人に3人の発症率で、
全国に293人の患者さんが苦しんでいらっしゃいます。
身体中の軟骨を破壊するこの病に侵されると、
12歳未満の子供たちは100%生存できません。
患者さんの中にはまだ幼い子供もいます。
成人で発病した場合でも常に死の危険にさらされます。
難病と認定されていない為に、
月額約20万円の生物学的製剤を投与する事になります。
この額は私には無理です。
鮎子も病をおしてアルバイトを始めました。
難病と認定されれば、治療データがくまなく調査され、
治療法と医療技術・医療設備の向上、
医療費の自己負担の軽減などが期待できます。
現状は、原因不明で明確な治療法も確立されていません。
現在2年間で、患者さんとその家族が支援団体の方々と力を合わせ、
10万人の署名を集めましたが、
難病と認定される為には50万人の署名が必要なんです。
このペースでは認定までに8年も掛かります。
鮎子が5年後に命を奪われる確率は30%です。
この病は、軟骨組織や多くの器官の結合組織に、痛みを伴う破壊的な炎症が見られる病気です。
器官の構造を支えている軟骨組織が侵され、
視覚、聴覚、平衡感覚の障害が現れ、さらには、
気道がふさがれたり、心臓や血管が重度に侵され死に至る病気です。
娘は平成22年に「再発性多発性軟骨炎」と診断されました。
娘には愛する人がいて、年内に結婚する予定でしたが、病が2人を引き離しました。
娘は彼を思いやり、婚約を取り消す手紙を送りました。
私はこの手紙を読み声を出して泣きました。
娘は死に衣装はこの世で着ることがかなわなかった
ウエディングドレスを着たいと言います
遺書もしたためています
私は娘が不憫でたまりません
代われるものなら代わりたい
お願いです、鮎子を助けて下さい
「再発性多発性軟骨炎」で検索すると
署名用紙がダウンロードできます。代筆で良く、FAXで送れます。
またネット署名も出来ます。
http://form1.fc2.com/form/?id=607552
これまでのペース、二年で10万人はあまりに遅く、
今現在発症している人、293人のほとんどの人は落胆していると思われます。
我々の力で年内に後10万人の署名を集め、
この人達に希望と云うクリスマスプレゼントをしましょう
ご協力お願いします
転載して頂ける方がいましたら、よろしくお願いします。
**************************************************************
皆様宜しくお願い致します。
三十郎
 

お正月

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2011年 1月 8日(土)16時10分16秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
今年の冬は酔い具合に冷えひえ。隣村の友人宅はマイナス16度…これでも九州かぁ!! まぁわが家は室内の側の水が凍る程度(笑) この季節、活躍するのが、まずはロケットストーブ。この火力を見よってなもんです。室内では七輪が活躍して、囲炉裏では炭火がほっかほっかです。
 

Re: 一人暮らし2

 投稿者:ひとり暮らしくんメール  投稿日:2010年12月10日(金)17時34分24秒
返信・引用
  > No.218[元記事へ]

ちにたさんへのお返事です。

> 一人と一匹の暮らしも、次第にリズムを掴む…慣れとは恐ろしいもんだ。
> 久々のピーカンで、庭のエゴマの種取り。ついでに椎茸を干す。今年は山が痩せていてドングリが少なく、おかげで猪が太らず不猟、との嘆きが猟師より聞こえる。以上http://keatingstudios.com/

http://keatingstudios.com/

 

一人暮らしPart3

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2010年11月25日(木)10時33分38秒
返信・引用
  相方さんは極端に「かぶれ」に敏感。で、おらん間に、僕が大切にたいせつにしていた、相方さんが割ってもうた、茶わんの修理。
ウルシでかけらを接着。ついでにスカンポの笛にもぺたっ。横で愛犬クンがぺろっ。
 

一人暮らし2

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2010年11月24日(水)11時51分47秒
返信・引用
  一人と一匹の暮らしも、次第にリズムを掴む…慣れとは恐ろしいもんだ。
久々のピーカンで、庭のエゴマの種取り。ついでに椎茸を干す。今年は山が痩せていてドングリが少なく、おかげで猪が太らず不猟、との嘆きが猟師より聞こえる。以上
 

独り暮らし

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2010年11月13日(土)16時43分34秒
返信・引用
  相方さんの里帰りで、ここんとこ、独身生活である。…が、3日が誕生日だったもんで、せっせと小豆をはずして赤飯を炊いて実家へ配達させられた。
独身酔うに小さなアルマイトの鍋を入手。取っ手が熱いので、せっせと鍋掴みを編む。
次第に太陽が恋しく、ついに目の前のホップの棚を外した…とたんに、庭が広がった。
…こうして、姑くは独身生活が続くのであった。 続く
 

黒大豆

 投稿者:ちにたメール  投稿日:2010年10月28日(木)12時15分29秒
返信・引用
  ここんとこ、日々、さびっ。寒さで実が引き締まったところで、若い黒大豆入手。さっそく茹でて枝豆としていただいた。普通の大豆枝豆と違って、実がもっちり、そしてほんのりと黒い。毎年いただく、収穫前のごちそうです。
ほくほくしていたら、相方さんいわく「アケビが終わる前にアケビ酵母をつくらねばっ。」で、早速、ひとり山に分け入る。最後のアケビを見つけて、なんとか折檻だけはまぬがれたようだ(笑)
 

レンタル掲示板
/17